学院長コーナーが始まります♪

HPのお知らせ欄更新を担当している教員の木内です。
弊学院のHPをいつもご覧いただき有難うございます。

さて今回は、湘南一ツ星の創設者である中川学院長について紹介したいと思います。
というのは、この中川学院長は実にユニークな経歴の持ち主なのです。
特に保護者の方を中心に、来校面談等をする中で学院長のこれまでのキャリアや、
個性あふれる経験談体験談で盛り上がる事が多々あり、また様々なご質問を頂く事がありました。
そういった流れもあり、このコーナーを設けることになりました。

学院長は、一部上場企業でのビジネスマン経験を経て教育の世界へ入った後、30年近くにわたって、国内の公立(含:県教育委員会)・私立の全日制・通信制の高校教育や海外のハイスクール・大学での教育に携わってきました。そして、更なる理想の教育を追求・具現化することを目指して、今春、この湘南一ツ星を設立し、日々運営にあたっています。

学院長には、複数の教員免許や行政書士資格所持者という知的な面もあれば、剣道(4段)・柔道(黒帯)・ボクシング歴やキリマンジャロ(5895m)登頂という肉体派の面もあり、さらには1級船舶やスクーバーダイビングのライセンスも有するという遊び好きな面もあります。

そんな多才な学院長と長年接してきた私が、特に皆さんに知ってもらいたい学院長のプロフィールは、その豊富な海外経験です。南極を除く全大陸80ヵ国以上を訪れ(因みに国内は全都道府県)、しかもそれは、旅行者としてだけではなく、仕事(ビジネスマン、教員)やボランティア(青年海外協力隊員)での渡航・赴任もあり、更には海外で生死の境目に立った経験まであるという、貴重にして希少な経験の持ち主です!

そういう訳で、皆さんに中川学院長の一端を知ってもらい、そんな人物が設立した湘南一ツ星への理解を深めてもらう一助になればと考え、以後、不定期に学院長の海外経験を随想風にランダムに語ってもらうことにします。

題して、 “Think globally, act locally(地球規模で考え、足元から行動する).”。
気軽にお読みいただければ幸いです。

記念すべき第一回は、学院長が20代の頃、アフリカ大陸最高峰のキリマンジャロ登頂を果たしたエピソードです。なぜこの連載が今日からスタートして、そして第一回目の内容がキリマンジャロ登頂かというと、今から31年前の9月20日が、我らが学院長がキリマンジャロに登頂したその日なのです…!